ホーム > お知らせ

第10回【まろにえ らーにんぐ情報】 外務省 JAPAN SDGs Action Platform

2020年5月22日

/up_image/無題.png

「SDGs」が東久留米市内でも始まっているのをご存じですか?

市内のとある薬局ではSDGsに対する取り組みと利用者へのお願いが放送で流れていたりします。
日本各地でも様々な企業や自治体がSDGsに取り組んでおり、テレビやポスターなどでカラフルなマークを見かけることが多くなりました。


なんか難しそうだし自分には関係なさそう…?
いえいえ、そんなことはありません。
大人も子どもも、学校や社会生活の中で深く関わっているのです。
たとえば教育分野では、2020年度から本格実施を迎えた新学習指導要領において「持続可能な社会の創り手の育成」が明記されておりこれは目標4の「すべての人々に包括的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」に当たります。学校もその「創り手」の育成を目指した取り組みをしていくことになるのです。


今回は外務省ホームページより、JAPAN SDGs Action Platform。国内でも広がりを見せるSDGsの取り組みをまとめているサイトのご紹介です。
SDGsに関しては、第4回の「世界を変える17の目標SDGs(持続可能な開発目標)とわたしたち」もどうぞご覧ください。
https://www.higashikurume-lll.jp/cgi-bin/news.cgi?MODE=DETAIL&REC_NO=432

***

■JAPAN SDGs Action Platform(外務省ホームページより)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html


大きく分けると4つの構成となっています。
・SDGsとは? 概要と日本の取り組み、普及活動動画があります
・日本政府の取り組み
・取組事例
・ジャパンSDGsアワード

***


▼ピックアップ▼
生涯学習センタースタッフ間での話題をピックアップ

・有名人がプロモーションしていた!
トップ>SDGsとは?> SDGs関連動画 
「ピコ太郎×外務省†PPAP†」「ハローキティSDGs応援Vol.7」など
ピコ太郎が最後に言うSDGsの正式名称を一緒に言えたら凄いですね。
SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
まずは聞き取れるか挑戦してみましょう。


・大人も知らなければ!
「持続可能な社会の創り手」新学習指導要領で入ってきたのはこれだったのか。子どものほうが知っているかもしれない、大人のほうが知らないかも
トップ>日本政府の取組>SDGsアクションプラン2020

・1つの活動がいろいろな目標に繋がっている
生涯学習センターで話題の「鬼ごっこでSDGs!?」というのはトップ >取組事例> 「その他」または17: パートナーシップで目標を達成しように掲載の一般社団法人鬼ごっこ協会様の取り組みです。

また、芸能プロダクションの吉本興行様(トップ >取組事例>企業>や行)は
テレビでおなじみの有名人がたくさん出ているので小さいお子様でも親しんでその取り組みを読めるかもしれませんね。
その他にもいろいろな企業・自治体が「自分たちの活動はどれを解決するものだろう」というのを
考えて運営に取り組まれていることが分かります。

・企業だけでなく幼稚園でも
本格的に始まっているのですね…もはや他人事ではない
トップ>ジャパンSDGsアワード

***

さて、SDGsについて、少しおさらいをしましょう。
SDGsは「誰一人取り残さない」がテーマで、2030年までに達成すべき国際的な目標のことです。
MDGs(ミレニアム開発目標)を引き継ぐ形で2015年にスタートしたSDGsはすでに5年が経過し、
目標の2030年まで今年はちょうどあと10年となります。

「誰一人取り残さない」のテーマの意味とは、
MDGsという途上国の開発問題が中心で、先進国はそれを援助する側という位置づけであったことに対し、
SDGsは経済・社会・環境のすべてに対応し、先進国にも共通の課題であることにその違いがあります。
掲げられた目標は、どの国にいようとも決して他人事でなく、全人類が自分事として取り組むべき課題ということですね。


2020年から2030年まではSDGs達成に向けた「行動の10年」と言われています。
皆さんはどう行動していきますか?
SDGsについて取り組む上では知識量が重要なのではなく、行動で示すことがとても大切なのです。
わたしたち1人1人が「考える」だけではでなく「行動」を変え、「参画」していきましょう!
世界を、そして未来を変えるのは、わたしたち自身のふるまい次第なのですね。


SDGsは2012年、ブラジルのリオデジャネイロで開催された国連持続可能な開発会議(リオ+20)で議論が始まりました。
リオ+20というのは1992年「国連環境開発会議(地球サミット)の20年後に開催されたことに由来します。
そしてブラジルのリオ会議といえば、2つの有名なスピーチがあります。
この2つのスピーチを知りSDGsの目標を見返すと、また違った視点で捉えられることでしょう。
これについては、6月のまろにえらーにんぐで特集しますのでお楽しみに!

★外務省★
言葉や文化、考え方の違うたくさんの国々がある国際社会の中で、国や国民を利益を守ってゆく「外交」という仕事があります。
そして、日本の外交を担当しているのが「外務省」で5つの切り口で外交に取り組んでいます。
日本と世界の平和のための政策/地球社会のための政策/豊かな世界に向けた政策/お互いの理解を深めるための政策/海外にいる日本人のための政策(外務省パンフレット 「外交という仕事 地球に生きるわたしたち」より抜粋)

世界で役立つ日本の政府開発援助(ODA)に関しては「鷹の爪団の 行け!ODAマン」というコンテンツがあり、シュミレーションゲームや動画でゆるっと、でもしっかりと学ぶことが出来ますのでぜひ見てみてくださいね。
「秘密結社 鷹の爪」の主人公・吉田くんがODAマンとしていろいろ教えてくれます。(笑いありでとても面白かったです)


https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/press/event/page22_001008.html

****

当記事作成にあたり、外務省にはリンクでのご紹介について許諾をいただいています。

__________

【次回予告】
5月26日配信予定 ≪身近で出来るSDGs≫
SDGsシリーズ第3弾!

第1弾ではSDGsって何だろう?世界を変える17の目標
第2弾は日本政府の取り組みと、SDGsの背景についてご紹介しました。
第3弾のまろにえらーにんぐは、世界→日本→と来て、SDGs特集の2週連続配信!

国連広報センターより
「ナマケモノにもできるアクション・ガイド」
「SDGsすごろく」
そして、暮らしの中で出来るSDGsをご紹介します。

お楽しみ!
#まろにえらーにんぐ

__________

掲載URLhttps://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html








このページの一番上へ

東久留米市立生涯学習センター(まろにえホール )
    • 【所在地】〒203-0054 東久留米市中央町2-6-23
    • 【TEL】042-473-7811
    • 【開館時間】9:00~22:00
    • 【駐車台数】60台(ほか身障者用スペース2台有り)
    • 【休館日】第4月曜日(第4月曜日が祝日の場合その翌日)
      ・年末年始(12月29日~1月4日)