ホーム > お知らせ

第9回 【ひがしくるめ まろにえ らーにんぐ情報】 東久留米版ベーシック・ドリル

2020年5月19日

/up_image/ドリル画像.jpg

学校が休校になり、教室で机を並べて授業を受ける光景が懐かしく感じる…
そんな児童・生徒の皆さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

東京都教育委員会では、小学校第 1 学年から中学校第 1 学年までの国語・算数・数学、小学校第 3、4 学年の社会・理科、中学校第 1 学年の英語の基礎的な学習内容を身に付けるためのドリルとして、「東京ベーシック・ドリル」を配布しています。
電子版・プリント教材の2種類があり、学年にあわせた問題と答え・解説が公開されています。

https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/school/study_material/improvement/tokyo_basic_drill/about.html

家庭での学習として、活用を進めている学校もあるようです。
学校のように時間割を決めて、それぞれの科目に挑戦するのもいいですね。


さて、この「ベーシック・ドリル」に東久留米版があるのを皆さんはご存知でしょうか?

「東久留米版ベーシック・ドリル」
http://www.higashikurume-school02.jp/‾kurume-center/

「東久留米版ベーシック・ドリル」は東久留米市立小学校の先生方が開発し、市の課題である内容を取り入れて、子供たちの興味を引くような工夫をしています。授業等の補助教材としてはもちろんですが、各ご家庭でも活用していただきたいと思います。(HPより引用)

いったいどこが“東久留米版”なのか。気になってスタッフが解いてみました。(写真は一部)
 
東久留米駅、氷川神社、竹林公園、るるめちゃん、クルメイザーなどなど!!東久留米市民なら「あっ!」となるような人物や場所、キャラクターが散りばめられています。
スタッフもそれらを見つけては「あっ!」となり楽しく問題を解くことができました。

「東久留米版ベーシック・ドリル」は小学1年生から4年生までの国語の問題が配布されています。問題を解きながら東久留米市にまつわる場所や言葉を探すのもいいかもしれませんね。

****

当記事作成にあたり、東京都教育委員会、東久留米市教育委員会にはリンクでのご紹介について許諾をいただいています。

________

【次回5月22日配信予定】
SDGsシリーズ第2弾!

外務省ホームページより
社会に広がるSDGsに関連した取組を幅広く紹介している、
「JAPAN SDGs Action Platform」

SDGsのコラボ動画をあの人が!?
鬼ごっこでSDGs!?
日本政府の取り組みからJAPAN SDGsアワードの内容など、
興味深い内容が満載のサイトについてご紹介します!

お楽しみに!
#まろにえらーにんぐ
________

掲載URLhttps://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/school/study_material/improvement/tokyo_basic_drill/about.html








このページの一番上へ

東久留米市立生涯学習センター(まろにえホール )
    • 【所在地】〒203-0054 東久留米市中央町2-6-23
    • 【TEL】042-473-7811
    • 【開館時間】9:00~22:00
    • 【駐車台数】60台(ほか身障者用スペース2台有り)
    • 【休館日】第4月曜日(第4月曜日が祝日の場合その翌日)
      ・年末年始(12月29日~1月4日)